現金化情報

カード現金化の取り締まりが厳しくなると同時に、悪徳会社の手口も巧妙化してきています。
例えば、契約したのに入金がされない、主婦だけを狙った巧妙な手口などがあり、最新の詐欺手口についての情報を知らなければ、詐欺を見破ることは難しいといえます。
また、最近では悪徳業者で現金化を行ってしまうと、契約時に記入した個人情報を、他現金化業者やヤミ金業者に情報を販売されてしまう可能性があります。
そうなってしまうと、頻繁にDMや勧誘に合い、日常生活に支障をきたしてしまうことも。
そこで、ここでは最新のカード現金化情報を紹介していますので、知識をつけ悪徳業者にだまされないように気をつけてください。

クレジットカード現金化で詐欺に合わない方法とは

クレジットカード現金化を行う方法は2つ。自分で行うか、現金化業者を介して行うかの2つがあります。しかし、自分でクレジットカード現金化を行おうとすれば多大な手間暇がかかる上に高い換金率も見込めません。現金化業者を使ってのクレジットカード現金化であれば、手間暇をかけずに現金を手に入れることが出来ます。

手続きをしたのに入金しない業者

最短で5分から15分で現金が口座に振り込まれる現金化は便利ですが、手続きはしたのに現金が振り込まれない、という詐欺が発生しています。それだけでも大きな損害ですが、悪徳業者は更にその情報を販売する可能性が高いため、ヤミ金業者から勧誘を受けることもあるようです。

クレジットカード現金化詐欺対策

クレジットカード現金化と言うサービスに対する世間一般の評価は、やはりグレーなイメージを持っている方が多いようです。それはこのようなサービスが出てきた10年以上前からあまり変わっていません。しかし、裏を貸せば10年以上前から手法を換えずに営業しているクレジットカード現金化業者が存在しているという事です。

悪徳業者、主婦を狙った手口に注意

クレジットカード現金化は本来利用していなければ生活とは無縁のサービスです。しかし、クレジットカード現金化の悪徳業者は新規顧客の獲得のためにあらゆる方法で勧誘をしています。悪徳業者の主な手口は、官報の自己破産した人のデータなどをリスト化されたものを使い片っ端から勧誘をしていくという方法です。

当サイトについて

クレジットカード現金化の詐欺対策」は、クレジットカードのショッピング枠現金化についての情報を配信しており、また、おすすめ業者を比較している比較サイトです。
巧妙化する悪徳手口に騙されないための情報盛りだくさんです。ご意見・ご感想はお気軽にご連絡ください。宜しくお願い致します。