クレジットカード現金化で詐欺に合わない方法とは

クレジットカード現金化を行う方法は2つ。
自分で行うか、現金化業者を介して行うかの2つがあります。

しかし、自分でクレジットカード現金化を行おうとすれば多大な手間暇がかかる上に高い換金率も見込めません。

現金化業者を使ってのクレジットカード現金化であれば、手間暇をかけずに現金を手に入れることが出来ます。
しかしその中には、詐欺まがいな営業をする悪徳業者も存在しているので警戒が必要です。

クレジットカード現金化業者とは何か

現金化業者と、クレジットカードの利用者に業者指定の商品を購入させてその商品の『買取』をして現金を振り込むサービスを提供している業者のことです。
現金化業者は、購入した商品の金額の役10~8%を手数料としてもらうことで、利益を得ています。

何らかの事情で借入が出来ない、審査を受けている時間がない、高金利に納得がいかない等々、そんな方達に支持を得ています。

悪徳現金化業者の詐欺の手口とその対策

クレジットカード現金化の利用方法はとてもシンプルで簡単なため、手間暇をかけずに現金を手に入れたい方にとっては、これ以上ないほど便利なサービスです・

その為、中にはサービスの性質を利用し本当に困っている方の弱みに付け込んだ詐欺まがいの行為を働く業者があるのです。

詐欺業者の主な被害内容

・指定された商品の購入をしたが、説明されていた金額の半分も振り込まれない
・カード番号や有効期限も伝えているのにいつまでも入金がされない
・サイトで商品を購入した後、現金化業者に電話が繋がらなくなった

詐欺業者に騙されないための対策

悪徳なクレジットカード現金化業者に騙されないための対策は大きく分けて2つあります。

申込み前に会社概要を確認すること
悪徳業者の場合、初めからカード情報を騙し取るつもりの会社の実態も無く商品の購入後に連絡が取れなくなってしまうケースがあります。

こういった事態を防ぐためには、申し込みをする前に必ずホームページで会社概要を確認して、グーグルマップでその業者の所在地を確認しておきましょう。

換金率、手数料、商品発送料などは事前に全て確認しておく
商品を購入後、実際に振り込まれた金額を見たら事前に言われていた金額の半分しか振り込まれなかった!といったケースがあるようです。高換金率には条件があったり手数料などを取られたりすることが原因です。

換金率が何パーセントなのか、手数料は必要なのか、商品の発送料はかかるのかなどは必ず確認しておくことがトラブル防止になります。

質問した際に、あいまいな回答をするような業者とは取引をしないようにしましょう。

最後に

悪徳なクレジットカード現金化業者に騙されずに利用する為には、申し込みをする前に不安な点をちゃんと取り除いておく必要があります。

換金率を電話で確認することはもちろん、利用しようと考えている業者の口コミなどを見てみるのも有効です。

良いと感じてもまずは電話で問い合わせてみることをおススメします。

当サイトについて

クレジットカード現金化の詐欺対策」は、クレジットカードのショッピング枠現金化についての情報を配信しており、また、おすすめ業者を比較している比較サイトです。
巧妙化する悪徳手口に騙されないための情報盛りだくさんです。ご意見・ご感想はお気軽にご連絡ください。宜しくお願い致します。