悪徳業者、主婦を狙った手口に注意

クレジットカード現金化は本来利用していなければ生活とは無縁のサービスです。
しかし、クレジットカード現金化の悪徳業者は新規顧客の獲得のためにあらゆる方法で勧誘をしています。
悪徳業者の主な手口は、官報の自己破産した人のデータなどをリスト化されたものを使い片っ端から勧誘をしていくという方法です。

さらに、他の悪徳業者や闇金から詐欺被害者の情報を入手し、それを基に電話やメールでの勧誘を行っていきます。

悪徳業者は、こういった勧誘に成功した顧客に対して、通常よりも低い現金化を行うだけでは飽き足らず、返済がままならなくなってくる頃を見計らって横で繋がっている闇金業者を紹介したりする場合もあるようです。

なぜ主婦が狙われやすいのか

悪徳業者は、主に上記の方法でねらいを絞り勧誘していきます。
実はこういった勧誘で狙われてしまうのは主婦が最も多いのです。

専業主婦の方は職についておらず、返済能力が高くないので借入の審査に通ることが困難です。
しかし、クレジットカード現金化は手軽で急な出費に対応しやすい為、家計の足しに利用するケースが多い為、そういったメリットを利用して主婦を勧誘するのです。

低換金率での利用を促した悪徳業者は最終的に闇金を紹介し、返済できなくなる状況まで追い詰めるというやり口もあるようで、返済が難しいと告げると、「身内にばらす」「旦那の会社に連絡を入れる」等の脅し文句を使いやすい為、狙われてしまいます。

家計をやり繰りしていかなくてはならない専業主婦は、一人で逃げることが出来ません。
悪徳業者はそういった弱みに付け込んでくるのです。

優良業者を選別して現金化しよう

クレジットカード現金化は、本人確認以外の審査は行われません。
それでいて即日で現金を手に入れることが出来るという便利なサービスです。

だからこそ、利用する業者を適当に選んでしまうと悪徳業者に捕まってしまい、違法な取り立て等、恐ろしい被害に遭ってしまう可能性が高まります。

悪徳業者の換金率は非常に低く設定されています。現金化業者を使う際はカード会社への返済も視野に入れて、換金率の高い優良業者を利用しましょう。

最後に

悪徳業者に騙されてしまったという被害情報は本当に減少しています。

インターネットが普及して優良業者の情報を得やすくなった現在では、悪徳業者にとっては存続し難くなっているからです。
ですが、それでも選択した業者次第では絶対に安心とは言い切れません。

現金が必要だからとクレジットカード現金化をしても、違う資金策を立てなくてはならなくなってしまっては元も子もありません。

悪徳業者の卑劣な手口に騙されてしまわないように注意しましょう。

当サイトについて

クレジットカード現金化の詐欺対策」は、クレジットカードのショッピング枠現金化についての情報を配信しており、また、おすすめ業者を比較している比較サイトです。
巧妙化する悪徳手口に騙されないための情報盛りだくさんです。ご意見・ご感想はお気軽にご連絡ください。宜しくお願い致します。