悪徳業者の手口

悪質なカード現金化業者による被害が多発しています。
申し込みをしたのに現金が振り込まれなかったり、カード情報を抜き取られて悪用され、気付いたら高額な請求をされていたりと、その被害は多数あるようです。
こうした業者に引っかからないようにするためには、優良なカード現金化業者を多数掲載している紹介サイトや、口コミサイトなどの使用した人が感想や口コミを書き込んでいるようなサイトで情報収集をするのが一番のようです。
しかし、中にはそうしたサイトを装って、実は悪質業者しか紹介していなかった、というサイトの存在も多く寄せられているのが現実です。
本当に信用できるのは、自分で実際に使った感想だけのようです。
ここでは、そうした不安を抱えている方のために、悪質業者にありがちな手口をご紹介しております。
申し込みをして、少しでもこうした手口を感じたら、怪しいと思って間違いないでしょう。

クレジットカード現金化業者に渡した顧客情報は安全に管理されているのか?

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換金するサービスです。一般的な消費者金融などと比べ、簡単に現金を手に入れることが出来るため大変便利なサービスでもあります。
ではこのクレジットカード現金化ですが、個人情報に関するセキュリティはどうなっているのでしょうか。

業者に紹介手数料を請求されるケース

事前に利用できるカードだと確信して申し込みをしても、受け付けてくれない場合がありますが、それは詐欺です。
「そのカードは使えないが、この業者なら使える」と他の業者を紹介し、仲介手数料を請求しようとしているのです。
手数料が現金化したい金額を上回る場合も。

クレジットカード現金化利用者の顧客名簿はどうなっているのか?

クレジットカード現金化というサービスを利用する際に絶対に必要なのが利用者本人の個人情報です。
利用する業者の手続き方法にもよって多少異なる部分もありますが、基本的には身分証明書、クレジットカード、銀行口座、住所や電話番号などの情報を提供する必要があります。
個人情報というのは、悪徳業者によって売買される商品価値があるモノだという事はご存知でしょうか?

当サイトについて

クレジットカード現金化の詐欺対策」は、クレジットカードのショッピング枠現金化についての情報を配信しており、また、おすすめ業者を比較している比較サイトです。
巧妙化する悪徳手口に騙されないための情報盛りだくさんです。ご意見・ご感想はお気軽にご連絡ください。宜しくお願い致します。