知らなきゃ損!現金化とキャッシングの違いとは

「お金が無ければ借りればいい」なんてお考えの方もいるのではないでしょうか。
ですが借金するという事で個人の信用情報にしっかりと記録されているという事はご存知でしょうか?

・信用情報に借金の記録を残したくない
・借金したことを他人に知られたくない

こういった方々にはクレジットカード現金化をお勧めいたしますが、現金化とは借金とどう違っているのでしょうか。

現金化と借金の大まかな違い

始めは大まかに、現金化と借金の違いを見ていきましょう。

クレジットカード現金化の特徴は
・表向きは、カードを使った通常のショッピングと同じ
・買い物をしただけという事で、返済先はクレジットカード会社
・借金ではないので審査が無い
・借金ではないので個人信用情報に記録が残らない

借金の特徴は
・お金を借りる、つまりストレートに『借金』であること
・返済先は当然借入先(消費者金融など)
・借金なので審査がある、クレジットカードを作るよりも難しい
・個人信用情報に傷がついてしまう

ざっと見て上記のような違いがあります。
まずはこの基本を覚えておいていただければと思います。

クレジットカード現金化はショッピングと同じ

現金化の特徴という事で上げましたが、クレジット会社から月の指定日に返済するという契約を結んでお買い物をしています。
当然利用内容については様々ですが、返済していかなければならないという事実は変わりません。

クレジットカード現金化もショッピング枠を利用して現金を受取っている為、利用した翌月にはカード会社への返済が必要になるのです。

しかし、世間一般的な借金のイメージと比べてみると、クレジットカード現金化はショッピング枠を利用して買い物をしたことと同義なので、確実に借金とは違うと言えるでしょう。

カード会社への返済は必ず行うべし

消費者金融でも風鐸ローンでも奨学金も、使った以上は毎月必ず返済していかなくてはなりません。
クレジットカード現金化も同様で、カード会社の返済は滞ってしまわないように注意しましょう。

個人信用情報に履歴を残さないために現金化業者を利用したのに、返済を怠ったばかりに信用情報に傷がついてしまっては元も子もありません。

むしろ、延滞してしまい個人信用情報に傷がついてしまえば将来的に見てローンが組めなくなるなどの弊害となってしまうケースもあります。

これは何をするにも言えることですが、自分で責任を負うことが可能な範囲での利用を心がけていきましょう。

最後に

クレジットカード現金化業者を貸金業と勘違いしている方も一定数存在していますが、現金化と借金は全くの別物です。
借金とは違うため利用した際に信用情報に履歴も残らず、どんな状況でも利用することが出来ます。

そういった点からクレジットカード現金化は消費者金融とは別の金策として重宝されているのです。

また、どのような業界であれ悪徳業者の存在はありますので、業者選びには最新の注意を払うようにしておきましょう。

当サイトについて

クレジットカード現金化の詐欺対策」は、クレジットカードのショッピング枠現金化についての情報を配信しており、また、おすすめ業者を比較している比較サイトです。
巧妙化する悪徳手口に騙されないための情報盛りだくさんです。ご意見・ご感想はお気軽にご連絡ください。宜しくお願い致します。