換金率で悪質現金化業者を見破る

カード現金化を利用しようというときには、カード現金化のサービスを提供している業者を選ぶことになります。
このときの選択のポイントとなるのは『換金率』です。
使えるクレジットカードの種類なども確認しなければなりませんが、利用者が最も気にするのは換金率でしょう。

換金率によって受け取るお金の金額が変わってきますので、初めてカード現金化を利用する人だけでなく、これまで利用したことがある人でも気になるところでしょう。
必ずチェックした上で利用の申し込みをすることになります。

カード現金化を提供している業者の広告には、必ず換金率が表示されています。
カード現金化業者にとって、換金率はお客様の目を引くために最も効果の高いポイントなのです。

実際に支払われる換金率より高い換金率を表示する誇大広告は多い

カード現金化の利用者が業者を選ぶ際に重視する換金率ですが、実はこの点に関して誇大広告を行っている業者が数多く存在します。
広告に表示されている換金率と、実際に利用して受け取るときの換金率が異なる業者が多数あるのです。

カード現金化業者にとっては、異常に高い換金率を表示することでお客様を引きつけて利用者を増やすという目的があります。
このようなカード現金化業者のなかには、95%という驚きの換金率を提示しているところもあります。

このような95%という高換金率で運営ができているカード現金化業者はありません。
実際に支払われるときは表示の換金率より低い換金率が適用されることがほとんどです。
さらに悪徳業者になると、平均より低い60%や70%の換金率で支払われることもあります。

カード現金化の換金率の相場を知っておく

このような換金率の表示による詐欺にあわないためには、カード現金化を利用するときにあらかじめ換金率の相場を知っておくことが大切です。
換金率の相場を知っておくと、異常に高い換金率の業者をおかしいのではないかと疑うことができます。

カード現金化を20万円以下で利用する場合は、換金率の相場は80%程度です。
優良業者と言われている業者のなかには、90%以上の換金率を表示しているところはありません。

カード現金化の業者を選ぶときは必ず、複数の業者の換金率をチェックして比較するようにしましょう。
期間限定のキャンペーンを行っている業者もあるかもしれませんので、通常時の換金率も確認しておくと安心です。

そして、申し込む前には必ず業者に確認をしてから申し込むようにしましょう。
実際に電話などをしてみると、その対応で怪しい業者とわかることもあるからです。

当サイトについて

クレジットカード現金化の詐欺対策」は、クレジットカードのショッピング枠現金化についての情報を配信しており、また、おすすめ業者を比較している比較サイトです。
巧妙化する悪徳手口に騙されないための情報盛りだくさんです。ご意見・ご感想はお気軽にご連絡ください。宜しくお願い致します。