ケータイサイトだけで営業する業者

カード現金化サービスを提供している業者の多くは、オンラインで申し込みができるようになっているので、インターネット上のサイトから申し込むことになります。
インターネット上で検索すると、たくさんのカード現金化業者が出てきます。

ほとんどの業者がオンライン上ですべての手続きが完結するようになっているので、カード現金化を利用するときはとりあえずインターネットで検索するのが定番となっています。
これは、初めての人にとっても気軽に利用できて、とても便利でしょう。

しかし、オンラインで手続きが完結するという手軽さから、サイトの内容をあまり確認せずに申し込んでしまうのは非常に危険です。
なぜなら、その業者が悪徳業者かもしれないからです。

公式サイトはパソコン、スマートフォン・携帯電話用があるかを確認

公式サイトとは自社サイトのことです。パソコン用に公式サイトがあれば、たいていスマートフォンや携帯電話用のサイトも用意しているものです。
パソコン用の公式サイトがあることを確認したら、同じ業者のサイトがスマートフォンや携帯電話でも見ることができるのかをチェックします。
たいていの業者は、携帯電話からでも見やすく、そのまま申込みができるようになっています。

しかし、なかにはスマートフォン・携帯電話用はあってもパソコン用の自社サイトは持っていないなどの業者が存在します。
そういった業者は悪徳業者である可能性が高くなります。

携帯電話のサイトのみの業者は悪徳業者の可能性が高い

今ではスマートフォンや携帯電話でネットを利用するのが当たり前になっているため、それがたとえスマートフォン・携帯電話用のみであっても公式サイトがあれば、わざわざパソコン用のサイトがあるか確認しようとは思わないでしょうし、怪しいと疑うこともないでしょう。
そして、何の疑問も抱かずにスマートフォンや携帯電話からそのままカード現金化の申し込みをしてしまう人も多いでしょう。
しかし、携帯電話のサイトしか持っていないカード現金化業者は、悪質業者である可能性が非常に高いので注意が必要です。
スマートフォンや携帯電話から申し込みをするときは、必ずパソコンの公式サイトがあるかを確認してください。

また、サイトを見たときにホームページの作りが雑であったり、見た目がよくなかったりする業者も注意が必要です。
サイトの表示速度が遅い業者も注意したい業者です。
これらの業者は、ホームページの制作や運用に費用をかけられない悪徳業者である可能性が考えられます。

当サイトについて

クレジットカード現金化の詐欺対策」は、クレジットカードのショッピング枠現金化についての情報を配信しており、また、おすすめ業者を比較している比較サイトです。
巧妙化する悪徳手口に騙されないための情報盛りだくさんです。ご意見・ご感想はお気軽にご連絡ください。宜しくお願い致します。